【楽器を演奏するなら】防音室の施工は業者に頼もう

音の感じ方に合わせて

レディ

具体的な方法と費用の相場

小学校やショッピングモールなど、多くの人が出入りする施設の周辺では、騒音トラブルが発生しがちです。また集合住宅でも、両隣や上下階の住人の生活音が騒音となることがあります。もちろん多くの人が、騒音トラブルを発生させないように、それぞれ気をつけて行動しています。しかし音の感じ方は人によって異なるので、中にはわずかな足音でさえ気になるという人もいます。したがって騒音対策は、騒音の影響を受けている側が、自分の感じ方を考慮しながら行うことが肝心とされています。騒音対策は具体的には、壁に吸音効果や遮音効果のあるパネルを設置するという方法で行われます。パネルは、表面に設置することもできますし、内部に挿入することも可能です。内部の場合、パネルの設置ではなく、発泡ウレタンなどを隙間なくスプレーするという方法での騒音対策もできます。いずれの場合も、壁に音の振動が伝わりにくくなることから、室内の静けさが保たれやすくなります。天井や床にもこういった騒音対策を行えば、室内は一層静かになります。また、ドアや窓を防音効果があるものに交換することも、有効な騒音対策とされています。具体的には、閉めた時に枠との間にわずかな隙間も生じないというドアや、厚めのガラスが複数枚取り付けてある窓に交換するのです。こういった騒音対策にかかる費用は、部屋の広さにもよりますが、約200万円となっています。もちろん壁や窓のみといった具合で、部分的な騒音対策をすることも可能で、この場合は費用負担は少なめになります。したがって騒音対策では、騒音だけでなく予算も考えながら、範囲や方法を決めることが大事です。