【楽器を演奏するなら】防音室の施工は業者に頼もう

楽器演奏には必須

部屋

音漏れをシャットアウト

家の中でピアノやドラムなどの楽器を演奏する方は、外に音が漏れないようにするための工夫が必要です。そこで、自宅の中に防音室を作れば、家の中に音が響くこともありませんし、外に音が漏れて近所迷惑になる心配も避けられます。一般的に家の中に防音室を作りますと、防音室内でピアノやドラムの音などが反響して練習しづらいのではないかと疑問を持つ方もいますが、防音室を作ってくれるプロの業者に依頼すればそうした不安もありません。プロの業者は、音を反響させないために音を吸収する素材を使ったり、隙間を埋めたりしますので、外に音が漏れることを防げるだけではなく、室内の反響もなくすことができるわけです。業者に依頼する時には、どのような仕組みの防音室を作るのかを事前に聞いておくことが大切です。例えば、素材はどのようなものを使うのか、換気方法はどうなっているのかなどです。というのも、防音室には窓がない場合が多いですから、換気システムの問題はクリアしておく必要があるからです。このため、こうした疑問にきちんと答えてくれる業者を選ぶようにしましょう。こうして自宅に防音室を作ることによって、これまで音を気にして夜中に練習できなかった方も、これからは時間を気にすることなく伸び伸びとピアノやドラムの演奏ができるようになります。まずは、防音室を作ってくれる業者に見積もりを出してもらってから、納得のいく防音室を作ると良いでしょう。

音の感じ方に合わせて

騒音対策は、個々の音の聞こえ方を考慮しながら行う必要があります。壁からの騒音が気になる場合には、そこに吸音性や遮音性の高いパネルを設置するといった具合です。防音効果のあるドアや窓に交換することも効果的です。それによってかかる費用は異なってきますし、徹底的に行った場合は1部屋で約200万円かかります。

防音対策だけに注目しない

ドラムを趣味とされている方は、防音工事をして防音室を作ろうと考えている方も多いでしょう。ドラムの防音工事は一般的な防音工事と異なるので注意して業者を選ぶようにしましょう。また、防音対策だけでなく、音響や演奏環境も整っている防音室を考える事が大切です。

壁が薄ければ

壁が薄い賃貸住宅では、防音対策を施すようにしたいです。防音グッズの力を借りましょう。防音シートは非常に人気が高いです。リーズナブルでありながら、効果は抜群です。また、床に遮音カーペットやコルクマットを敷くのもいいでしょう。